[試] 目標達成のためのTIPS | 意識に浸透させるための工夫

[試] 目標達成のためのTIPS | 意識に浸透させるための工夫
photo credit: Verino77 via photopin cc

こんにちは、marubon(@marubon_jp)です。

新年あけまして、おめでとうございます。本年も『試行錯誤ライフハック』をよろしくお願いします。
さて、新年もはじまって5日目、今年の目標を立てられた方も多いのではないでしょうか。

目標達成のステップとして、目標作成後は目標を意識に浸透させるプロセスが必要になります。そのプロセスで役立つちょっとした工夫を紹介したいと思います。

目標達成のための工夫

様々な書籍で述べられている通り、目標を立てたらすぐに見返せる状態にしておくことが(意識に刷り込むことが)重要になります。

志の高い方は、毎朝目標を音読する等の「意識をすることによる刷り込みの習慣」を導入しますが、なかなか続かないという人も多いと思います。そのような方にとっては、強制的に見返せざる得ない状況、すなわち「無意識の中で意識に刷り込ませる状況」を仕組みとして導入することが効果的です。

そのためには、目的が別なものであっても無意識に視界に入る場所に目標を掲載するようにします。私の場合は、以下のような工夫を行っています。

  1. スマートフォン待機画面に目標を載せる
  2. PCの壁紙に目標を載せる(または付箋アプリ等で画面に貼り付ける)
  3. 目標を印刷した紙をトイレの壁またはドアに貼る
  4. 目標を印刷した紙を手帳に貼る(またはリフィルに直接印刷しはさんでおく)

長い文章だと浸透しにくいので、目標は長い文章としてではなく、目標を端的に表した言葉を記載するようにします。

 

スマートフォン待機画面に目標を載せる

画面ロックをかけている場合に嫌でも何度も見ることになるスマートフォン待機画面は、目標を載せておくのに絶好の場所です。壁紙を作成するために少々時間がかかりますが、何度も見返すという意味で効果が高く掲載しておきたい場所です。

 

PCの壁紙に目標を載せる(または付箋アプリ等で画面に貼り付ける)

PCの壁紙も全てではないにしろ作業等を行っている時に定常的に視界に入る場所です。直接壁紙に目標を載せてしまうか、付箋アプリ等を使用して目標を貼り付けておきます。

 

目標を印刷した紙をトイレの壁またはドアに貼る

意外と壁やドアを見ていることが多かったりします(笑)ということで、トイレの壁またはドアに印刷した紙を貼り付けておきます。

 

目標を印刷した紙を手帳に貼る(またはリフィルに直接印刷しはさんでおく)

これは常套手段です。私の場合は、リフィルに直接印刷してはさんでいます。

 

まとめ

目標作成後の目標を意識に浸透させるプロセスの工夫を紹介しました。

無意識の中で意識に目標を刷り込ませる仕組みとして以下を紹介しました。

 

  1. スマートフォン待機画面に目標を載せる
  2. PCの壁紙に目標を載せる(または付箋アプリ等で画面に貼り付ける)
  3. 目標を印刷した紙をトイレの壁またはドアに貼る
  4. 目標を印刷した紙を手帳に貼る(またはリフィルに直接印刷しはさんでおく)

 

後書き

年末年始は色々と食べ過ぎてしまいました。体重計にのるのが怖いmarubon(@marubon_jp)でした。