[試] meta description有効活用によるSNS対応強化 | 手間をかけずに質の高い概要を伝える方法

[試] meta description有効活用によるSNS対応強化 | 手間をかけずに質の高い概要を伝える方法
photo credit: FindYourSearch via photopin cc

執筆者が読者のためにまとめた概要文meta descriptionをSNS対応強化に活用する方法を紹介します。

アウトライン

meta description有効活用によるSNS対応強化

サイトを他の方に知ってもらう上でSNSによる拡散が重要になってきました。拡散してもらうためには、作者が伝えたい記事情報を適切に提供することが重要です。

そこで考えられるのが、付加情報としてのmeta descriptionの応用です。

OGPに対するmeta descriptionの活用

OGP(Open Graph Protocol)は、ページの内容を説明するための仕様でFacebook等で利用されています。導入しているとFacebookがシェアされた時に、様々な付加情報が表示されるようになります。

OGPではog:descriptionの設定内容がページの説明として表示されます。適切な説明文が入っていれば、タイトルだけでなく記事概要からも目にした人に対するアピールが可能になります。よって、このog:descriptionにmeta descriptionの内容を設定するようにします。

これによりAll in One SEO Pack等でしっかりmeta descriptionの設定されている方は、それだけで先頭からXX文字と言った単なる抜粋ではなく、自分が読者のために個別に書いた概要をページ説明としてアピールできるようになります。

実装方法について説明します。

元々私はWordPressプラグイン Open Graph Proを改造して使用していたんですが、最近は以下で紹介されているコードをカスタマイズして使用しています。OGPに必要な情報は一通り取得して設定してくれます。

プラグイン使うのやめてプラグインレスなOGPを実装することにしました | [M] mbdb

以下は、当サイトのコードです。

このコードは、WordPressプラグイン All in One SEO Packでmeta descriptionを設定していることが前提になります。

利用するには、利用中テーマのheader.phpの<head></head>内に追記します。OGP設定系のプラグインは処理がかぶるのではずして下さい。

article:publisher、fb:admins、fb:app_idは、サイトに合わせて適宜変更して下さい。また、サムネイルが存在しない場合の画像として、使用しているテーマのimagesフォルダ直下にdefault-thumbnail.pngを用意して下さい。

まとめ

meta descriptionをOGPのog:descriptionに活用することで、記事の概要を適切に伝えてSNS対応強化に活用する方法を紹介しました。