[試] 無料ブログからのブログサイト移転方法 | canonical、noindex、author、移転のお知らせの併用

[試] 無料ブログからのブログサイト移転方法 | canonical、noindex、author、移転のお知らせの併用

こんにちは、marubon(@marubon_jp)です。

無料ブログからのサイト移転方法に関するエントリです。

SPONSORED LINK

ブログを無料ブログで運営していて別のブログサービスや独自ドメイン+サーバレンタルサービスに移転する場合に直面するのが、既存記事の処遇です。このエントリでは、旧サイト上に既存記事を残しながら、新サイトにこれまでの記事を移行する方法を解説します。

この方法は、当サイトがBloggerからレンタルサーバ+WordPress+独自ドメインへの移転の中で実際に試した手法です。サイト移転を検討されている方の参考になれば幸いです。

 

アウトライン

本エントリのアウトラインを以下にまとめます。

ブログのサイト移転における要件(サイト移転におけるゴール)

Bloggerからのサイト移転をするにあたり考慮した要件についてまとめます。移転における要件は、以下にリストした通りです。

  • 新サイトにこれまでの記事を配置したい
  • 旧サイトのこれまでの記事を移行しない場合、どうしてもコンテンツ不足に陥ってしまいます。新サイトスタートアップ時のコンテンツ量の確保を目的としています。
  • 新サイトに移行した記事を可能な限り早くインデックスしてもらいたい
  • 旧サイトからコピーした記事をインデックスしてもらい、新サイトにおける検索流入を回復するためです。
  • これまでの記事は、旧サイト側にもそのまま残したい
  • 旧サイトへのリンク(はてブ等の外部サイトからのリンク)と内部リンクのリンク切れ回避を目的としています。ちなみに、内部リンクに関しては、新サイト側だけで完結するよう修正することが望ましいのですが、記事が多いほど一度に修正することが困難になるため、修正のための猶予期間を確保する意図があります。
  • 記事重複によるペナルティを回避したい
  • 複数のサイトに類似記事が存在している場合、Googleから重複記事と見なされペナルティを与えられる可能性があります。今回は新旧サイトに同一記事を存在させるわけですから、これを回避する必要があります。

一般的なサイトの移転方法と無料ブログから移転する場合の課題

ここでGoogleが推奨するサイトの移転方法と無料ブログから移転する場合の課題についてまとめます。

一般的なサイトの移転方法

サイトの移転に関しては、以下の通りGoogleからガイドラインが提供されており、301リダイレクトの利用が推奨されています。

サイトを移転する – ウェブマスター ツール ヘルプ

 

ポイントのみに絞ると以下の手順を踏むことになります。

  • 新しいドメインにコンテンツを設定
  • 301 リダイレクトを使用して旧サイトからコンテンツをリダイレクト
  • ウェブマスター ツールに新しいサイトを追加
  • 新しいドメインの URL を Google に連絡
  • Google に新しいサイトのクロールを依頼

301リダイレクトは、以下のヘルプで解説されています。一言で説明すると、ユーザと検索エンジンを移転先サイトにリダイレクトさせる方法になります。

301リダイレクトを行う前提として、対象のサイトをホスティングしているWebサーバ(一般的にApache)の.htaccess ファイルが編集可能である必要があります。

301 リダイレクト – ウェブマスター ツール ヘルプ

 

検索エンジンの結果で表示されるページの URL を変更する必要がある場合は、サーバー サイドの 301 リダイレクトを使用することをおすすめします。これは、ユーザーや検索エンジンが正しいページにたどり着くことを保証する最善の方法です。301 ステータス コードは、ページが新しい場所へ完全に移動したことを意味します。

 

 

無料ブログからのサイト移転における課題

(一般的に)無料ブログは、.htaccessファイルを編集することができない(編集する手段が与えられていない)ため、Googleが推奨する最善の方法(301リダイレクト)が使用できません。この場合、別の方法を検討する必要があります。

この課題と上述した要件に対応するため検討・実施した施策を次のセクションから解説していきます。

 

無料ブログからのサイト移転方法

サイト移転した事をGoogleに理解してもらうこと(認識してもらうこと)を最終ゴールとして、以下4つの施策を検討、実施しました。各々の施策の概要と想定する効果については、後述します。

施策移転元(旧)サイト上の対応移転先(新)サイト上の対応
①データの移行(データのコピー)
(新旧サイトに同一のデータを存在させる施策)
記事データの移行(旧サイト→新サイト)
ウェブマスターツール上での記事のインデックス依頼
②サイト移転の通知
(Googlebotへサイト移転を知らせるための施策)
rel=”canonical” リンク要素の指定 

(指定先URLは新サイト:優先サイトは新サイト)
rel=”canonical” リンク要素の指定 

(指定先URLは新サイト:優先サイトは新サイト)
noindexメタタグの指定

(Googlebotにインデックス拒否を指示)
③移転元・移転先サイトの所有者及び著者が同一であることの証明
(移転元・移転先が同一サイトであることを知らせるための施策)
ウェブマスターツールへの登録
(旧サイト所有者であることの証明)
ウェブマスターツールへの登録
(新サイト所有者であることの証明)
rel=”author”リンク要素の指定 

(新旧サイトが同一著者であることの証明)
rel=”author”リンク要素の指定 

(新旧サイトが同一著者であることの証明)
④ユーザへのサイト移転の通知
(ユーザを新サイトに誘導するための施策)
「サイト移転のお知らせ」の掲示サイト移転お知らせ記事の投稿

 

①データの移行(データのコピー)(新旧の同一のデータを存在させる施策)

データを新サイト側に存在させないことには、何も始まりません。記事データを新サイトにコピーし、Googleにクロール依頼を出します。

記事データのコピー(旧サイト→新サイト)

旧サイト上の記事データを新サイトにコピーします。今回は、BloggerからWordPressに対するデータのコピーだったので、以下のインポートツールを使用してデータをコピーしました。データの移行先がWordPressの場合は、様々なインポートツールが存在するので探してみるとよいと思います。

WordPress › Blogger Importer « WordPress Plugins

 

ウェブマスターツール上での記事のインデックス依頼

新サイト側に同じ記事が存在していることを一刻も早く認識してもらうため、新サイト側で旧サイトからコピーした記事のクロール依頼を出します。

Googleのウェブマスターツールを使用する必要があるので、後述するサイトのウェブマスターツールへの登録が完了した後に実施します。方法については、以下のヘルプを参照して下さい。

Google へのクロールのリクエスト – ウェブマスター ツール ヘルプ

 

②サイト移転の通知(Googlebotへサイト移転を知らせるための施策)

移転元サイトへのrel=”canonical” リンク要素の設定(移転先サイトを優先サイトとして指定)

301リダイレクトの次善の策としては、「rel=”canonical”」の使用が考えられます。canonical ページとは、複数の類似した内容のページの中で優先されるページを意味し、rel=”canonical”リンク要素をヘッダセクションに追記することでコンテンツの優先サイトを指定できます。つまり、移転元サイトで移転先サイトを優先ページとして指定することで、サイトの移転を知らせることができるわけです。

Googleとしても、301リダイレクトが使用できない場合の次善策として想定しているようで、下記ヘルプの中にサーバーサイドのリダイレクトを作成できないWebサーバから新しいドメイン名に移行する場合(301リダイレクトが使用できない場合)に応用できると記載されています。

 

rel=”canonical” 属性について – ウェブマスター ツール ヘルプ

 

リダイレクトは簡単に設定できない場合があります。たとえば、サーバーサイドのリダイレクトを作成できないウェブ サーバーを使用しているときに、新しいドメイン名に移行する場合などです。このような場合には、rel=”canonical” リンク要素を使用して、このドメインでインデックス登録の対象になる正確な URL を指定できます。rel=”canonical” リンク要素は絶対的な指示ではなく、ヒントとしてみなされますが、Google では可能な限りこの要素を追跡します。

実際に設定したコードは下記の通りです。移転元サイトのHTMLのヘッダセクションに直接追記します。hrefには、優先サイトのURLを指定します(私の場合は、新サイトのURLであるhttp://marubon.info/を指定しています)。

尚、移転元がBloggerの場合は、自サイトが優先ページであることを意味する「<link href=”http://marubon.blogspot.com/” rel=”canonical”>」が自動出力されるため、優先サイトの二重指定になってしまいますが気にしないでください。

移転先サイトが優先ページであることを伝える上記コードと矛盾するコードが存在することになりますが、Bloggerの場合は、Google(Googlebot)が正しく判断してくれるようです。Bloggerを運営しているのがGoogleなので、なんらかの対策がされているのかもしれません。

Blogger以外の無料ブログで移転元サイトをrel=”canonical”として指定したコードが存在する場合は、Blogger同様正しく認識してくれるとは限らないので矛盾するコードを削除しておくことをおすすめします。

移転先サイトへのrel=”canonical” リンク要素の設定(移転先サイトを優先サイトとして指定)

移転先サイトで自分自身を優先サイトとして指定するrel=”canonical”リンク要素を設定します。移転元サイトと同様手動でヘッダセクションに追記することも可能なのですが、WordPressのプラグインに追加してくれる機能があったので、そちらを利用しました。

WordPress › All in One SEO Pack « WordPress Plugins

以下、All in One SEO Packのオプション画面です。Canonical URLsにチェックを入れます。
All in One SEO Pack Canonical URL設定

移転元サイトへのnoindexメタタグ指定(Googlebot のページ取得のブロック)

移転元サイトは更新しないことをGoogleに伝える施策です。ページにnoindexメタタグ指定をすることで、Googlebotのページ取得をブロックすることが可能です。これを応用することで、移転元サイトが正しいサイトではない事(旧サイトである事)の判断材料を提供する意図があります。

メタ タグによるサイトへのアクセスのブロック – ウェブマスター ツール ヘルプ

 

具体的には、以下のコードを移転元サイトのHTMLの<head></head>内に直接追記しました。

 

③移転元・移転先サイトの所有者が同一であることの証明(移転元・移転先が同一サイトであることを知らせるための施策)

移転の前提として、移転元サイトと移転先サイトが同一のサイトであること、言い換えると所有者が同一であることを証明しなければなりません。方法としては、ウェブマスターツールに移行元と移行先の両方のサイトを登録します。また、必須ではないかもしれませんが念には念を入れて、同一著者であることも証明するためにrel=”author”リンク要素を使用しました。

移転元・移転先サイトのウェブマスターツールへの登録(サイト所有者であることの証明)

ウェブマスターツールへの登録は、以下からできます。

ウェブマスター – Google

移転元、移転先サイトへのrel=”author”リンク要素の指定(移転元、移転先サイトの著者が同じである事の通知)

サイトの移転であることをGoogleに伝える施策です。移転元と移転先サイトの著者が同じであることをrel=”author”リンク要素を指定することで表現します。新旧の両サイトをウェブマスターツールに登録すれば、両サイトのサイト所有者(管理者)であることは証明できるのでこれは不要かもしれませんが、サイト移転の判断材料をより多く提供する意味で実施しました。

具体的には、以下2点を実施しました。

  • 移転元と移転先サイトのHTMLのheadセクションに自分のGoogle+のプロフィールのURLを指定したrel=“author” link要素をに記述
  • Google+のプロフィールに自分のサイトのURLを登録

登録したコードは、以下の通りです。hrefにGoogle+のプロフィールのURLを指定します。

④ユーザへのサイト移転の通知(ユーザを新サイトに誘導するための施策)

移転元サイトへの「サイト移転のお知らせ」の掲示

ユーザが本来参照すべきページ(移転先サイト)にたどり着ける様にするための施策です。Googleに対して301リダイレクトは使えないもののユーザを新サイトにガイドする意思があることを伝える意図があります。対応として、必ず目に入るサイドバー上部に大きな赤文字で以下の通り記載しました。また、新サイトへのリンクを追加しました。

「当ブログは更新を終了し、各記事をhttp://marubon.infoに移転しました。これまでの記事は一応残していますが、新サイトを参照頂けると幸いです。」

旧サイトへの「サイト移転のお知らせ」の掲示

新サイトへのサイト移転お知らせ記事の投稿

新サイトへ移転を行った旨の記事を投稿しました。

新サイトへのサイト移転お知らせ記事の投稿

 

施策を実施した結果(施策実施後のインデックス状況)

施策を実施した結果は、成功です。上述した要件を満たすことができました。本エントリで解説した各種施策を実施した2013/4/17から約10日間で旧サイトからコピーした記事が全てインデックスされました。参考までにウェブマスターツールの記事のインデックス状況を掲載しておきます。

施策実施後の記事のインデックス状況

まとめ

無料ブログからのブログサイト移転方法として当サイト移転時に実施した施策を紹介しました。

施策移転元(旧)サイト上の対応移転先(新)サイト上の対応
①データの移行(データのコピー)
(新旧サイトに同一のデータを存在させる施策)
記事データの移行(旧サイト→新サイト)
ウェブマスターツール上での記事のインデックス依頼
②サイト移転の通知
(Googlebotへサイト移転を知らせるための施策)
rel=”canonical” リンク要素の指定 

(指定先URLは新サイト:優先サイトは新サイト)
rel=”canonical” リンク要素の指定 

(指定先URLは新サイト:優先サイトは新サイト)
noindexメタタグの指定

(Googlebotにインデックス拒否を指示)
③移転元・移転先サイトの所有者及び著者が同一であることの証明
(移転元・移転先が同一サイトであることを知らせるための施策)
ウェブマスターツールへの登録
(旧サイト所有者であることの証明)
ウェブマスターツールへの登録
(新サイト所有者であることの証明)
rel=”author”リンク要素の指定 

(新旧サイトが同一著者であることの証明)
rel=”author”リンク要素の指定 

(新旧サイトが同一著者であることの証明)
④ユーザへのサイト移転の通知
(ユーザを新サイトに誘導するための施策)
「サイト移転のお知らせ」の掲示サイト移転お知らせ記事の投稿

 

後書き

はじめは、旧サイトの既存記事の移行は行わない予定だったのですが、SEO的な観点から記事の移転をすることにしました。既存記事は資産なので、結果的に移行してよかったと考えています。

本エントリが何方かのお役に立てることを願って、marubon(@marubon_jp)でした。