[試] 日頃の情報収集からニュース作成を楽しむ!WordPressプラグイン Pocket News Generatorアップデートのお知らせ

[試] 日頃の情報収集からニュース作成を楽しむ!WordPressプラグイン Pocket News Generatorアップデートのお知らせ

日頃の情報収集からニュース作成を楽しむ WordPressプラグイン Pocket News Generatorをアップデートしました。

機能追加やバグ修正等の変更点とその注意点について紹介します。

SPONSORED LINK

アウトライン

WordPressプラグイン Pocket News Generatorのアップデート

[試] Pocketから簡単記事作成!WordPressプラグイン Pocket News Generator正式リリースのお知らせ

サイト名を参照する予約語がないのは、Pocketのデータ取得に使用しているPocket APIにその機能がないためです。とはいっても、おっしゃることはごもっとも。よい提案を頂いたので、次アップデートにて独自実装で対応することにしました。

実はすでに実装は済んでおり、一部動作確認と説明記事の作成が残っているだけです。近々提供できると思います。

上記に関する対応を行いました。バージョンが0.1.1になりました。

ダウンロード先

すでにご利用いただいている方には、WordPress管理画面上に更新通知が入ると思います。そこからアップデート可能です。ただ後述の通りHTMLの出力フォーマットの予約語を変更しているので、新しい予約語に置き換えて頂く必要があります。

WordPress › Pocket News Generator « WordPress Plugins

変更点

大きく分けて以下3つの変更を行いました。

  1. 既存予約語の修正と新予約語の追加
  2. HTMLのサンプルフォーマットの変更
  3. Since指定時に条件が正常に反映されない問題の対応

既存予約語の修正と新予約語の追加

Pocketデータを参照するための予約語について追加と修正を行いました。

変更前
予約語説明
${TITLE}取得したPocketデータのタイトル
${URL}取得したPocketデータのURL
${EXCERPT}取得したPocketデータの抜粋

 

変更後

各PocketデータのタイトルとURL、抜粋の予約語に接頭辞POST_を追加しました。また、対象記事を提供しているサイト名とそのURLを参照するための予約語を追加しました。

予約語説明
${POST_TITLE}取得したPocketデータのタイトル
${POST_URL}取得したPocketデータのURL
${POST_EXCERPT}取得したPocketデータの抜粋
${SITE_NAME}取得したPocketデータの提供元Webサイトのサイト名
${SITE_URL}取得したPocketデータの提供元WebサイトのURL

 
すでにHTML出力フォーマットをカスタマイズして使用されている方は、対応する予約語に置き換えをお願いします。

データ取得に関する仕様と注意点

データ取得に関する仕様と注意点を以下にまとめます。サイト名とそのURLの取得に関して注意があります。

予約語データ取得に関する仕様と注意点
${POST_TITLE}Pocket API経由でPocketデータからそのまま抽出します。
${POST_URL}Pocket API経由でPocketデータからそのまま抽出します。
${POST_EXCERPT}対象ページのOGPのog:descriptionの情報を抜粋として使用します。OGPが設定されていない場合は、Pocketに取得されているものを抜粋として使用します。
${SITE_NAME}OGPのog:site_nameの情報を参照します。OGPが設定されていない場合は、対象ページのドメイン直下(当サイトであれば、http://marubon.info/)の<title></title>の値をサイト名として取得します。
注意点としては、ベースURL(トップページ)が、http://marubon.info/blog/のようにドメイン直下ではなくパス配下に構成されているサイトの場合、上記仕様により本来あるべきサイト名が参照されません。パスから機械的にベースURLを判別できる方法があれば対応するのですが、現実的な方法が見つからず継続検討中です。
${SITE_URL}対象ページのドメイン直下のURLを取得するようにしています。
これもサイト名と同じ注意点があり、ベースURLがドメイン直下ではなくパス配下に構成されている場合は、本来あるべきURLが参照されません。

 
尚、サイト名または抜粋を参照する場合、Pocketからの情報取得とは別に各記事のサイトにアクセスしてHTMLの取得・解析処理を行うため、HTML生成に時間を要します。

HTMLのサンプルフォーマットの変更

上記予約語の修正に伴い、サンプルフォーマットを変更しました。上述した予約語を全て使用した例です。

このサンプルフォーマットを使用すると以下の様に表示されます(抜粋のblockquoteは、当サイトのCSSによる装飾)。

上述の注意点はあるものの、ニュースにサイト名も含められるようになりました。

[試] Pocketから簡単記事作成!WordPressプラグイン Pocket News Generator正式リリースのお知らせ

Pocketから簡単記事作成 WordPressプラグイン Pocket News Generatorのレビューが通り、wordpress.orgのプラグインレポジトリに登録とあいなりました。ということで、正式リリースのお知らせです。

[試] これは便利!Pocketに保存したエントリの紹介記事を自動生成するWordPressプラグイン Pocket News Generator

WordPressプラグイン Pocket News Generatorの紹介です。「日頃の情報収集を記事作成に活かす」をコンセプトにPocketに保存した記事を紹介するためのHTMLコードを自動生成するプラグインを作成しました。指定した検索条件、フォーマットに基づきHTMLコードが生成されます。

Since指定時に条件が正常に反映されない問題の対応

データの取得範囲を日時で絞り込むSinceに関して、設定した範囲通りデータが取得されないバグを修正しました。

これに伴い日時の指定方法に若干修正を入れました。これまでの指定フォーマットは、YYYY/MM/DD HH24:MIでしたが、YYYY-MM-DD HH24:MIに変更しました。年月日のスラッシュがハイフンに変わります。

SPECIAL THANKS

覚醒する @CDiPの@donpyさんからPocket News Generatorの改善案とバグ情報を提供頂きました。

[どん速 特別版] Word Press プラグインで簡単ニュース作成。「Pocket News Generator」は神ツールかもしれません。からの流し込みテスト。 | 覚醒する @CDiP

 
prasmの@shintarowfreshさんにPocket News Generatorを紹介頂きました。

後で読むwebサービスPocketから記事を取得してブログに貼り付けるプラグイン「Pocket News Generator」*prasm

まとめ

日頃の情報収集からニュース作成を楽しむ WordPressプラグイン Pocket News Generatorのアップデートのお知らせでした。

色々な応用ができると思うので、活用してもらえるとうれしいです。

不具合等があれば、Twitter @marubon_jpまでご連絡頂けると助かります。